Information

今月の顔(3月編)

果実営業部 神里

Q: お疲れ様です、神里さんは築地歴がだいぶ長かったですが移転して豊洲市場はいかがですか?

A: 最高っ!やっぱり何でも新しいのはいいね。地面がまったいらだから荷物運ぶのも楽だし、築地はデコボコだったからよくターレで運んでる荷物がバンバン跳ねたりひっくり返ったりしてたからね。雨の日はびしょびしょになりながら積み込みしてたから、それに比べたら天国!

Q: 豊洲市場では全く雨に当たらずに仕事できるようになりましたよね。むしろ外が見えないから雨が降ってることさえ気づかないことが僕はあります(笑) こんな環境がよくなるとは築地のいたときは思いもしなかったですよね?

A:そうだね、もともと昔は移転じゃなくて築地改装案だったし、豊洲移転の日にち決まってから延期したり、移転にはいろいろ賛否あったからね・・けど来てみてホントに環境に恵まれてるなあ、もっと頑張らなきゃって気になったよ!

 

Q: 出身が沖縄の久米島ですが、なぜこの仕事を選んだんですか?

A: 久米島から東京の学校に進学して、自分で学費を稼ぐために築地でアルバイト始めたのがきっかけかな。車が好きだったから運送屋になろうと思ってて、、実際運送屋になって鈴屋の仕事もさせてもらってるうちに先代の社長に声かけていただいて。そして今だにお世話になってると(笑)

 

Q: 普段の仕事内容は?

A: スーパーなどの量販店に営業、販売してます。特に果物全般を専門的に取り扱って、売り込んでいるね。

Q: 仲卸は品目によって担当者がいるみたいな風潮で、うちも実際そうですが神里さんは品目問わず全般的に売り込みしてますね。

A: どんな商材、商品でもお客様に喜んで買ってもらえればいいと思ってるから(笑) でも、そのためにはちゃんと毎日話をしたり、店舗応援に行ったり、休みの日に買い物に行ったりして情報をつかんでおかないと。ただ買ってくださいって言っても普通に買ってくれないよね。自分は東京へ出てきたのが沖縄返還の3年後で、その時の沖縄の人はみんなそうだと思うけど上京して東京でなんとかやってやるっていうのがあって、、いまだにそれが身に沁みついてるのかもね。だから休みの日でも取引先のお店見に行ったり、仕事のことばっかり考えてる。

 

Q:勉強になります・・・最後に3月のおすすめ教えてください

A:果物ばっかりになっちゃうけど、一番はまだまだ苺がおすすめだね。柑橘類も甘平、せとかっていう新しい品種もおいしいし、伊予柑、八朔、清見なんかのメジャー品種も根強くファンはいるよね。下旬は陽気が暖かくなって春らしくなればグレープフルーツもおすすめですね。

Q:ありがとうございました、販売先の窓口として、そして若手の指導をよろしくお願いします。

A:まかしといて!!

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 今月の顔(2月編)
  2. 今月の顔(4月編)
PAGE TOP